気功院トップ画像

 気功 について 

「気」は自然治癒力の源

「気」とは、誰もが持っているもので、中から湧いてくる、全身(体内・体外)を流れ、常に心と体のバランスを整えようとする自然治癒力の源です。
また、最近では、体外の体を覆う気で視覚化されたことを 「オーラ」 と表現されることもあります。

「気功」とは

気功とは、「気の功夫」(気のクンフー)、簡単にいうと「気の練習、気の鍛錬」という意味です。
自然治癒力を高める有効な技法です。また、気功の3要素として、
 ・調心(気持ちを整える)
 ・調息(呼吸を整える)
 ・調身(姿勢を整える)
が基本とされています。

* 気功とは?と疑問を持たれたり、もっと詳しいことをお知りになりたい方は、 
気功の辞典のページもご覧下さい。

気功の効果は

−− 大きく分けると、二つに分かれます −−

体を軽やかに元気に活性化
・病を治癒する原動力となる
・病を治癒、改善し、健康で元気になる
・「気血」(きけつ)の流れを活性化、症状の改善に大きく貢献
・疲れにくくなり、回復力もアップします。
・自然治癒力、免疫力もあがるので、病気予防にもつながります。


気持ちの安定
・リラックスしやすくなる
・クヨクヨしなくなる
・イライラや感情的になることが少なくなる
・自然に心や感情もより穏やかになっていきます。
・マイナス思考が減り、プラス思考が増えていきます。


* 上に挙げた効果には、個人差がありますが、そういう傾向にあります。


病と気の関係は

病は、自然治癒力の源である気が乱れたり弱くなったり、オーラでいえば暗くなったり、良くない気が蓄積されて生じるとされています。
どんな病気も、気が弱ったり、良くない気が蓄積されるところから始まります。ですから、気を正しく察知し、症状をより正確に把握することで、正確な治療が可能になります。

気功の種類

気功を目的別に分類すると、医療気功 と 武術気功 の二つに分類されます。
この二つは、特性・性質が全く異なります。

気功の分類

医療気功 と 武術気功

 気功には、治療目的の医療気功と、武術目的の武術気功があります。
 別の呼び方では、
 当院では、前者の医療気功を目的としています。

外気功(がいきこう) と 内気功(ないきこう)

医療気功には
外気治療(がいきちりょう)(=外気功:がいきこう)
・ 自己鍛錬(=内気功:ないきこう)
があります。
 外気治療とは、気の熟練者から気を調整してもらう方法で、当院では外気治療を致します。
自己鍛錬は、数千種類の流派があるといわれています。

内気功(自己鍛錬)について

以前、自分で気功を練習する「自己鍛錬」の気功を教えていた経験がります。
教室などその場では真面目にされても、日常生活に戻ると、忙しい日本人にとって、「毎日30分以上は練習してください」というのは、結果も効果もよくわからない助教で続けるのは、難しいようです。
自己鍛錬では、毎日こつこつ気功をするのが、大事なのですが、ご自身で練習が続く方は皆無でした。
そういう経緯もあって、確実に自然治癒力を高めるために気功治療をしています。

もう少し詳しくお知りになりたい方は、気功の辞典もご覧下さい。

自己鍛錬と外気治療

本来、気功は自己鍛錬で毎日コツコツするのが基本とされています。実際にそれで好ましい効果が出ている場合は、それで良いと思います。
しかし、実際には、

「ちっとも効果がでない」
「良い先生がいない」
「練習する時間もない」
「練功しているのに調子が悪くなった」
「自分がどういう状態かわからない」
「逆に調子が悪くなった」


と言う話もよく耳にします。
また、もっともっと気を高めたいと言う方もおられます。
そういう方は熟練した外気治療を受けてみると、良い気の状態を体で覚えることにより、良い結果が出ることもあると思います。

気は実際に体感できます

気というと、何かあいまいなイメージを持たれる方も多いと思います。
しかし、当院では、気功治療を受けている最中に、大半のかたが全身暖かくなり、手(手のひら)、足(足のウラ)や丹田(下腹部)、頭頂(百会)、全身で暖かい気を感じられています。 気が高まっていくと、自然に感じるようになってこられる方もいます。
また、最近では「オーラ」という言葉も耳にしますが、基本的には同じです。
気は、体験してみると実際に感じられる方も多く、分かる方には、はっきりと感じられるものです。
注意)中には、気が高まっても、あまり、気を感じない方もおられますが、「効果が出ない」とか、「何か劣っている」ということではありません。
 感じなくても、病院の検査結果で、良くなったと自覚される方もおられます。

治療に使われる気は

治療の時に使われる気は、微細で暖かい気です。
微細でなほど、より効果的です。症状のある箇所からは、冷たい気やビリビリ荒い気が出ています。その部分の良くない気を気功治療で取り除き良い気を注いでいけば、治癒または改善されていきます。

気功と鍼灸について

「気功治療」も「鍼灸治療」も、気を整える治療です。
 身体の中も気が流れています。その気が流れやすい経路を 「経絡(けいらく)」 と呼びます。そして、その経絡を流れる気をコントロールするポイントを、 「経穴(けいけつ)」 =(通称)「ツボ」と言います。
当院では、気功治療によって、直接、鍼などの道具を使わずに経絡や経穴の乱れを補正して、身体を流れる気を、調整いたします。


・気功について基本的な疑問などは、 気功についてQ&Aへのページもご覧下さい。

・さらに、気功について詳しくお知りになりたい方は、 気功の辞典のページもご覧下さい。

気功について トップへ